月別アーカイブ: 2016年1月

たんぱく質が不足すると肌はどうなる?

sarakawai

昨今男女関係なくダイエットが流行していおり、それによってたんぱく質不足の人が増えています。しかしたんぱく質が不足すると身体以外に肌にも大きなダメージを与えてしまうことをご存知でしょうか。

日本人のたんぱく質摂取量は近年のダイエットや健康ブームもあり戦後より大きく下回りました。そんなたんぱく質の不足は肌のターンオーバーを乱し、肌の水分保持力の低下に繋がります。人間の身体を作る上で大体20%を占めているたんぱく質は皮膚や髪の毛・筋肉など大部分を作る重要な栄養素です。そんな健康に関わる栄養素であるたんぱく質は肉や魚・卵や大豆製品などに多く含まれています。

脂質を減らそうとするダイエットで関連するこれらの食品を摂らなくなると重要な栄養素が不足したことによって身体や肌に大きなダメージを与えてしまいます。ほかにも新陳代謝を妨げになってしまい、たるみやくすみの元になり肌の老化につながったり、免疫力の低下による顔のむくみや肌荒れも起きてしまうことからいろんな面で悪影響が出てしまいます。

また、たんぱく質はコラーゲンを構成していることから肌のハリやツヤもなくなってしまうため、美容のためにやっていたダイエットが実は悪化させる原因になっていたなんていうことになりかねません。そのため糖質制限ダイエットなどを現在している人やこれからやろうという人はこの点を特に注意して欲しいと思います。

このように私たちの身体にとって大切な栄養素であるたんぱく質は健康以外に美容においても重要な栄養素なのです。そのことから身体や肌のことを気にしてダイエットするのであれば、高たんぱくで低カロリーな食べ物を食事に取り入れるようにすることが重要になります。身体の中から改善することによってスキンケアよりもより良い効果が発揮されるため、肌トラブルに悩む人から健康な人まで食生活を改善することによってより健康的な身体を手に入れることができるということです。

顎にニキビが何度もできちゃう理由

umukawa

ニキビができると気持ちも下がり、ファンデーション厚塗りで隠すことが始まりますので、お肌へのストレスも大きいでしょう。
とくに顎にできる「あごニキビ」は髪の毛でも隠れないこととよく目につくので目立ちやすいので、ニキビができるととても嫌になります。
では、あごニキビは何故できるのでしょうか?

要因はいくつかありますが、「ホルモンバランスの乱れ」「ストレス」「毛穴の汚れのつまり」「日常のお手入れ間違い」などが考えられます。
「ホルモンバランスの乱れ」ですが、女性は生理や赤ちゃんを産む関係でホルモンが変化します。高温期と言われる排卵後は黄体ホルモンを分泌して体温を高めたり赤ちゃんができるための準備期間となります。体温が高くなるのでお顔の上の常在菌も活発に動きやすいことと、黄体ホルモンの特徴が皮脂分泌を促進するので、結果ニキビができやすい状態になります。

「ストレス」を感じると男性ホルモンを分泌します。そのため、男性のおひげの部分である顎にニキビが出来やすくなり、あごニキビの頻度が高まるというわけです。
「毛穴のつまり」ですが、ニキビは本来毛穴にファンデーションやチリやホコリなどが付着してしまい毛穴の目詰まりから引き起こると言われています。

「日常のお手入れ間違い」ですが、例えば今ホームエステが流行っているからといってむやみやたらにコロコロをしすぎてお肌が敏感に傾くことも多いです。敏感になると、どうしても皮膚はバリア機能を失いやすく様々な肌トラブルにつながります。あとは、ニキビは皮脂分泌が活発だからといって洗いすぎると乾燥に傾きます。乾燥に傾くとどうしても皮脂や汗をだして潤いを与えようとお肌が頑張ってしまい、結果毛穴に目詰まりが起こりニキビへと発展してしまいます。
ニキビは外的要因や内的要因など様々ありますので、それぞれケアが必要ですが、あごニキビ はとくに内的要因も多く影響しているように思います。自身を癒すことも大切なケアなのかもしれません。

シミ予防のためのアイテムまとめ

nanamesi

紫外線は一年中降り注いでいます。年齢を重ねるごとに紫外線はお肌の敵となり美肌を失うの最大の原因になってしまいます。ちょっと油断すると小さなシミが知らないうちに出来てしまいます。油断大敵です。いちばん手軽に紫外線からお肌を守効果のあるアイテムは帽子をかぶり日傘をさすことです。帽子も紫外線を通さない生地でつくられたつばの広いものが効果があります。

自転車に乗る時は顔をすべてに隠すサンバイザーを愛用しています。顔全体を隠してしまうので外からは誰なのかわかりませんし紫外線を気にしないで自転車に乗れるのでかなり便利です。ちょっと目だちますが。確実に紫外線からお肌を守れます。でも一番シミ予防の基本はやはり日焼け止めを塗ることです。いろいろな日焼け止めクリームが出ています。なるべく無添加でお肌に優しい自分にあった商品を選び顔や気になる所にたっぷり塗ることで確実に美肌効果が得られます。日焼け止めクリームを塗ったうえで日傘や帽子をかぶるとダブルの効果でシミなんかもう怖くなくなります。家の中でも紫外線の強いときは日焼け止めクリームを塗ります。

そしてシミ予防のアイテムの中に美白化効果のある化粧水のパックがあります。パックは美白化粧水をたっぷり含んでいて使うと肌がワントーン明るくなります。夜のリラックスタイムにパックを使うと肌が潤い気分もアップし生き生きしてきます。美白効果が角質層まで届く化粧水のパックを使うことで肌に本来の力が戻り血流がよくなります。肌のターンオーバーを促すことができます。古い角質が剥がれ落ちるのと一緒にシミも剥がしでくれるような気になります。

肌のサイクルを安定させることで古い角質やシミの原因を残さないで結果シミ予防になります。そして心をストレスから守ることも大切なのシミ予防のアイテムです。夜のリラックスタイムにアロマを焚いたりしながら心をリラックスさせてぐっすり眠ることが美肌を手に入れる最も効果のあることです。