口の周りにできるニキビの原因

鏡を見て誰もが思い悩むニキビですが、顔中いろんなところに発生していてため息をつきたくなるぐらいです。特に成人して20代、30代の頃にできるものは口周りなど顔の下の方にたくさんできるので、気がついた時には複数できていて余計にショックを受ける人も少なくありません。

どれも同じように見えるニキビですが、口周りにできるものの原因としてはストレスやホルモンバランスの崩れ、胃腸の荒れが関係しています。内臓が弱っている時に出来やすいとも言われているので、口周りに頻発するようであれば一度食生活を見直していくこともおすすめします。暴飲暴食やアルコールの取りすぎは胃に負担をかけてしまいますので、ニキビができた時だけでも治るまで量を控えたりするなどしてみて下さい。

食事をする時には、油ものを控えるだけではなくて、野菜などの量を増やしていくことも検討しましょう。コーヒーや紅茶などのカフェインが多い刺激物は極力減らしていって、食欲がないときは無理して食べずに胃に優しい消化しやすいものを選んで食べるようにしていきましょう。飲み物はハーブティーやホットミルク、野菜ジュースなどを選んでいくといいでしょう。口元を拭く時には紙ナプキンなどを使う事も多いですが、肌に刺激を与えてしまう事になりますので、水で洗い流してハンカチやタオルなどで軽く押さえて拭き取るぐらいにしましょう。

それに、口周りは乾燥もしやすいですし、食事などをする事で汚れやすい部分となります。汚れなども毛穴つまりを起こす原因となりますので、余計にニキビもできやすくなってしまうのです。一日が終わればきちんと洗顔をして汚れを落としてから清潔な状態にして、しっかりと保湿ケアをする事も予防には良いのです。洗顔料のすすぎ残しも多い部分となりますから、きっちり洗おうとして逆にニキビの発生を助長するような状態にしてしまう事もありますので注意してみて下さい。

胃に優しい生活を心がけて、口周りのニキビを撃退しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>